弁護士に相談する重要性

私達は、どこに勤めていてもいなくても、ある程度『法的』なことは知っているつもりです。そうでなければ法令を遵守した生活を送ることができません。しかし、だからと言ってそのすべてを理解しているかどうか、というとほとんどの方がそうは言えない、と言えるでしょう。

しかし、弁護士は法律の内奥にある部分を理解しており、法律をただ丸暗記しているのではなく、それらを実際の判例に活用することができるのです。これが、私達と最も異なっている点、と言えます。借金問題や、離婚問題、相続の問題など、法的なトラブルとなる事柄を、躊躇わずに弁護士に相談した方が良い、と言えるのはその点があります。どうしても費用が支払えない、という場合は別ですが、今回取り上げたように企業が売掛金を回収できない場合、債権を回収できない場合に依頼するメリットは、高いと言えます。

私達個人は、様々なことを弁護士に相談することができます。相談することをためらってしまうなら問題が長引いて、さらに解決することが難しくなりますが、一度思い切って相談するならその後の道があっさりと開けるかもしれません。問題を抱えても思い悩まずに、法的な問題は弁護士に相談する、という選択肢を覚えておくべきです。

専属弁護士を雇うメリット

そういった問題が発生した時のために、企業は『専属弁護士』を雇用する必要性を感じることでしょう。これは個人事業を行っている場合も同様です。特に会社という単位は法的問題に直面する可能性が高く、そういったときにすぐに正しい対応ができるかどうか、それによって会社に損失を招くか、信用を失うか、という点に繋がります。問題がこじれると解決自体が難しくなることがあります。

ですから、顧問弁護士を雇っておくなら、そういった難しい問題にもすぐに対応することができるようになります。弁護士に相談することがすぐに行えるようになりますので、『発生しうる』問題に関しても、対策を行う事ができます。
売掛金、債務の回収に関しては、費用が発生します。

内容証明の送付、調停、強制執行…それら回収に伴う手続きほぼすべてで発生する費用も含め、弁護士に支払う必要があります。これは当然、と言えるでしょう。また、弁護士に依頼するには着手金が必要(となる場合が多い)です。本来は相談料も時間ごとにかかりますが、顧問弁護士がいる場合特約によって相談料が掛からないこともあります。債権未回収の問題に直面した時のためにも、顧問弁護士を雇っていることは大きなメリットがあります。

裁判に発展することも

金銭的な問題は大きな亀裂を引き起すことがありますが、それは契約している間柄でも同様です。私達個人の問題に当てはめてみると、いわば『借りたお金が返せない』、『貸したお金がいつまでも返ってこない』という問題かもしれません。本来それらの問題は、二人の間だけで解決されることが理想、と言えるでしょう。そもそも約束を守っていない方が守ることが当然、と言えるかもしれません。しかし、それが口約束であればあるほどその信頼性の薄い契約を履行してもらうことが難しくなります。特に大金を貸している場合などは、そういった問題は裁判にまで発展することがあります。

それは、会社同士の契約においても同様ですが、実際にそれが裁判に発展する、ということがあり得るのでしょうか。それは、あり得る、と言えます。実際に過去の事例でも発生しています。そのようなときに弁護士に頼ることができるかどうか、それが売掛金や債権を回収できるかどうか、にかかっている、と言えるかもしれません。

売掛金や債権の回収には、少なからず費用が必要です。それらの費用と手間を掛けることを考えれば、プラスアルファで弁護士に相談した方が良い結果を招く、と言えるでしょう。

Copyright 債権回収の相談を弁護士にする 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner