専属弁護士を雇うメリット

そういった問題が発生した時のために、企業は『専属弁護士』を雇用する必要性を感じることでしょう。これは個人事業を行っている場合も同様です。特に会社という単位は法的問題に直面する可能性が高く、そういったときにすぐに正しい対応ができるかどうか、それによって会社に損失を招くか、信用を失うか、という点に繋がります。問題がこじれると解決自体が難しくなることがあります。

ですから、顧問弁護士を雇っておくなら、そういった難しい問題にもすぐに対応することができるようになります。弁護士に相談することがすぐに行えるようになりますので、『発生しうる』問題に関しても、対策を行う事ができます。
売掛金、債務の回収に関しては、費用が発生します。

内容証明の送付、調停、強制執行…それら回収に伴う手続きほぼすべてで発生する費用も含め、弁護士に支払う必要があります。これは当然、と言えるでしょう。また、弁護士に依頼するには着手金が必要(となる場合が多い)です。本来は相談料も時間ごとにかかりますが、顧問弁護士がいる場合特約によって相談料が掛からないこともあります。債権未回収の問題に直面した時のためにも、顧問弁護士を雇っていることは大きなメリットがあります。

Copyright 債権回収の相談を弁護士にする 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner